福ちゃんの古銭買取体験レポート

「大正小額紙幣っていくらくらいで売れる?」古銭買取価格をご紹介

福ちゃんの古銭買取体験レポート

大正小額紙幣は売れる?古銭買取業者で査定してもらいました

大正小額紙幣を売ったエピソード

私が古銭買取業者へ買取してもらった古銭のひとつ「大正小額紙幣」の買取価格を紹介します!大正小額紙幣の種類としては、50銭・20銭・10銭紙幣の3種類があり、古銭的な希少価値としては、20銭紙幣が最も高い買取価値になるそうです。

こページでは、私が買取してもらった大正小額紙幣の買取査定結果を紹介していますが、私以上に高価買取が期待できる大正小額紙幣も沢山あります!他にも古銭には何万円もの高い買取価格が付くプレミア品も多いので、もし古銭の処分でお悩みの方は、一度古銭買取業者に相談してみることをおすすめします。対応も親切で、とっても良かったですよ。

昔に使われていた古紙幣!大正小額紙幣の買取価格について

大正小額紙幣・表
大正小額紙幣の買取価格
発行年:1917年(大正6年)
古銭の種類(額面):50銭紙幣・20銭紙幣・10銭紙幣
買取の価値:普通~高額

「大正小額紙幣」とは、1917年頃に日本で使われていた昔の紙幣で、1923年頃まで流通していたそうです。 大正小額紙幣の種類としては、50銭・20銭・10銭紙幣の3種類があり、古銭的な希少価値としては、20銭紙幣が最も高い買取価値になるそうです。

私が古銭買取業者に査定してもらったとき、大正小額紙幣は50銭紙幣が2枚、20銭紙幣が1枚、10銭紙幣が3枚ありました! サイズが結構小さい紙幣だったので、本当に紙幣として使われていたの?おもちゃの紙幣じゃない?とも思っていたので、しっかりとした買取査定を受けることが出来て、価値がしっかり分かったうえで手放せたので本当に良かったと思っています!

古銭買取での大正小額紙幣の買取価格は、50銭紙幣が1枚あたり800円の買取価格、20銭紙幣が3000円の買取価格、10銭紙幣は200円の買取価格がつきました! 古銭買取では他にも色々な古銭や金貨、古い紙幣をまとめて査定してもらったのですが、大正小額紙幣の買取価格だけでも、合計で5200円の買取価格になりました。 大正小額紙幣以外にも、かなり高額で売れるプレミア付きの古銭や硬貨もたくさんあったので、買取に出して本当に良かったと思っています。

ですが、大正小額紙幣の価値は、発行された年によってもだいぶ違ってくるみたいなので、買取価格はあくまで一例として受け止めておいてください。 私の買取価格よりも低くなる可能性も、もちろんもっと高額な買取価格になる可能性も十分ありますよ!

大正時代の古紙幣「大正小額紙幣」とは?

大正小額紙幣の古銭紹介

大正小額紙幣とは、1917年頃に発行されていた古紙幣で、50銭・20銭・10銭の3種類の紙幣が存在していました。

昔の日本は、この50銭・20銭・10銭は”銀貨”で発行していたのですが、第一次世界大戦によるインフレで銀価格が高騰してしまい、ついに銀貨の額面を超える価値になってしまったのです。結果、銀貨は次々と鋳つぶされていきました。 (今は貨幣を鋳つぶすことは禁止されていて、貨幣損傷等取締法により取り締まられています。)

その結果、この額面の銀貨を作ることが出来なくなってしまったので、硬貨ではなく紙幣として発行しようという結果に至り、大正小額紙幣が発行されたのでした。

大正小額紙幣は、これより昔に発行されていた「改造紙幣」という種類の紙幣のデザインを流用したもので、発行年が記入されました。発行年が記されているというのは、今の紙幣にはないポイントですよね。

大正小額紙幣の発行は、第一次世界大戦の終結後1年までに限るという制約のもとで発行される予定だったのですが、終結後も硬貨の不足が続き、1922年まで発行され続けていたそうです。

トップページへ 買取福ちゃんの公式サイト
スクロールボタン