福ちゃんの古銭買取体験レポート

「明治通宝っていくらくらいで売れる?」古銭買取価格をご紹介

福ちゃんの古銭買取体験レポート

明治通宝は売れる?古銭買取業者で査定してもらいました

明治通宝を売ったエピソード

私が古銭買取業者へ買取してもらった古銭のひとつ「明治通宝」の買取価格を紹介します!明治通宝は明治時代に貨幣として発行されていた金貨で、特に「明治9年」「明治10年」「明治13年」に発行されていた明治通宝だと、あっと驚く買取価格になります!私が買取してもらったのは明治3年発行の明治通宝なんですが、古銭買取業者の方に査定してもらった結果をお伝えしていきます。

想像以上のプレミア古銭!明治通宝の買取価格について

明治通宝・表
明治通宝の買取価格
発行年:1870年(明治3年)
古銭の品位(内容):金900、銅100
古銭の直径・量目(重さ):17.48㎜、3.33g
買取の価値:とても高額

「明治通宝」とは、明治時代の初期に発行されていた紙幣です。今は「日本銀行券」が発行されていますが、明治通宝は「政府紙幣」として、政府が直接発行した紙幣です。

明治通宝の額面は、10銭から100円までの9種類が発行されましたが、高い額面の明治通宝は作られた数・残っている数ともに少ないらしく、古銭としての価値はとても高いそうです! 特に明治通宝で有名なのは50円・100円のプレミア価値で、買取での取引例は無きに等しいほど、希少価値が高いんだそうです。査定を担当してくれた買取業者の方も、色々な古銭を査定してきたけど明治通宝の高額面は出てきたことがない、とのことでした。

私が買取してもらった明治通宝は、2円紙幣が1枚、10銭紙幣が2枚でした。明治通宝の10銭紙幣は、状態の良いほうが3600円、状態が並の方は1200円の買取価格になりました。 ですが、明治通宝の2円紙幣は、たった1枚でも2万円の買取価格をつけてもらうことが出来ました!もっと綺麗な状態だったら、7万円ほどの買取価格になることもあるみたいですよ!

明治通宝は、基本的に額面が高いほどに買取価格も高くなるそうですが、5円以上で、かつ綺麗な状態となるとなかなか見つからないため、希少価値も高くなるそうです。 けれども、明治通宝は額面ごとにデザインが変わっているわけではなく、見た目はほとんど同じです。現に、私も2円の明治通宝と10銭の明治通宝の見分けがつかなく、同じ紙幣が3枚あると思っていたくらいです。 (査定員の方いわく、明治時代当時の人も不便だと思っていたようですよ(笑)

そのため、明治通宝らしき紙がご自宅から出てきた場合、古銭買取業者のメール査定を活用されることをおすすめします!問い合わせフォームに写真を添付し、いくらくらいで売れそうか本文で質問するだけなので、簡単便利な査定方法です。

明治時代のプレミア古銭「明治通宝」とは?

明治通宝の古銭紹介

明治通宝とは、明治時代に日本で発行されていた紙幣です。日本で初めて西洋式の印刷技術を使って発行された紙幣で、ドイツに製造をお願いしたことから「ゲルマン札」とも呼ばれる古銭です。

明治維新によって政府が出来たあと、貨幣を江戸時代から一新し近代紙幣を導入する必要があり、そこで誕生したのが「明治通宝」です。

ですが、額面ごとにデザインがほとんど同じであり、利用者にとって不便だったこと、そして低額面→高額面への偽造が横行したことから、他の紙幣へと切り替わっていったそうです。 けれども、各藩が好きに紙幣を発行していた頃に比べると、この「明治通宝」は、廃藩置県から近代紙幣の導入までの道しるべとして活躍した紙幣なのかなぁと思いましたよ。

ちなみに、どうしてデザインが各額面で似てしまったのかというと、ドイツで製造され、偽造防止のために額面などを書き入れないまま輸出、最終的な仕上げは日本で行っていたからです。手間を最小限にするため、同じデザインで発行されていたんですね。

トップページへ 買取福ちゃんの公式サイト
スクロールボタン