福ちゃんの古銭買取体験レポート

「旧2円金貨っていくらくらいで売れる?」古銭買取価格をご紹介

福ちゃんの古銭買取体験レポート

旧2円金貨は売れる?古銭買取業者で査定してもらいました

旧2円金貨を売ったエピソード

私が古銭買取業者へ買取してもらった古銭のひとつ「旧2円金貨」の買取価格を紹介します!旧2円金貨は明治時代に貨幣として発行されていた金貨で、特に「明治9年」「明治10年」「明治13年」に発行されていた旧2円金貨だと、あっと驚く買取価格になります!私が買取してもらったのは明治3年発行の旧2円金貨なんですが、古銭買取業者の方に査定してもらった結果をお伝えしていきます。

想像以上のプレミア古銭!旧2円金貨の買取価格について

旧2円金貨・表
旧2円金貨の買取価格
発行年:1870年(明治3年)
古銭の品位(内容):金900、銅100
古銭の直径・量目(重さ):17.48㎜、3.33g
買取の価値:とても高額

「旧2円金貨」とは、明治時代に発行されていた、”額面が2円”の”金貨”です。龍の図柄がデザインされていて、周りを囲むように右書きで「二圓・大日本・明治〇年」と書かれています。

額面が2円なんて、今ではなかなか信じられないような額面ですが、当時の1円は現在でいう2万円前後の貨幣価値があったそうです。”銭”などの単位が普通に使われていた時代でしたもんね。 なので、この旧2円金貨は、明治時代の当時だと4万円くらいの貨幣価値があったということですね。日常ではあまり使う機会はなさそうですが、高額な支払いや買い物などで登場した場面もあったのではないでしょうか。

古銭買取業者の査定員の方によると、実は「旧2円金貨」は2種類に分けられていて、かつ双方の見た目にはほとんど違いがないそうです。 どこで違いが出るというと”直径”で、明治3年に発行された旧2円金貨だと直径は17.48mm、明治9年~明治13年に発行されていた旧2円金貨だと、直径は16.97mmになるんです。 本当に僅かに直径が縮んでいるんですね。あと、金貨の年号でも確認することが出来ますね。

私が持っていた旧2円金貨は、明治3年発行のものでした。 古銭買取業者での旧2円金貨の買取価格は、明治3年の旧2円金貨1枚で、4万円の買取価格を付けてもらうことが出来ました。 未使用状態とかではなかったみたいですが、コレクション用のケースに入っていたこともあって状態もそこそこ良く、そうした点も評価してくれたみたいです。

ですが、直径が16.97mmの「明治9年」「明治10年」「明治13年」に発行されていた旧2円金貨だと、買取価格が100万円~200万円も期待できるプレミア古銭になるそうです!! 発行枚数がとても少ないので希少価値がついている、とのことでしたので、もしご自宅から旧2円金貨が出てきた場合、買取予約まで入れなくとも、まず古銭買取業者へ問い合わせてみることをおすすめします!

明治時代のプレミア古銭「旧2円金貨」とは?

旧2円金貨の古銭紹介

旧2円金貨とは、明治3年・明治9年・明治10年・明治13年に発行されていた金貨です。 江戸時代までの日本の貨幣は、それぞれの藩などが思うがままに流通させていて、さらに偽造されたものも多く、まさに混乱状態だったのです。

明治時代に突入し、外国との交流を深めるにあたり、政府は国際的に信頼できる貨幣を作らなければならなくなりました。そして造幣局が作られ、様々な新しい貨幣が作られるようになったのです。 その中に「旧2円金貨」もありました。

旧2円金貨は、表面には龍図、裏面には日章と八稜鏡が採用されています。この時代に発行されていた金貨や銀貨は「龍図」を用いているものが多いので、古いお金に詳しい方であれば、きっとすぐにお分かりになるのではないでしょうか。

この龍図のデザインは、彫金師の加納夏雄が担当したそうです。加納夏雄は明治天皇の太刀の金具を彫刻し、その出来がとても見事だったことから、貨幣の龍図のデザインも担当することになりました。当時はイギリスに発注する予定だったそうなので、その発注を取りやめてまで・・・どれほど技術がすごかったのか、少し分かった気がします。

トップページへ 買取福ちゃんの公式サイト
スクロールボタン