福ちゃんの古銭買取体験レポート

「クルーガーランド金貨っていくらくらいで売れる?」古銭買取価格をご紹介

福ちゃんの古銭買取体験レポート

クルーガーランド金貨は売れる?古銭買取業者で査定してもらいました

クルーガーランド金貨を売ったエピソード

私が古銭買取業者へ買取してもらった古銭のひとつ「クルーガーランド金貨」の買取価格を紹介します!クルーガーランド金貨は、お金としての価値ではなく、”金の価値”で取引されるタイプの金貨なんですが、こうした金貨を「地金型金貨」というらしいですよ。 私が買取してもらったのは、古銭買取業者の査定員の方いわく「1トロイオンス」という重さの金貨で、1トロイオンス=31gに該当します!

シカのデザインの金貨?クルーガーランド金貨の買取価格について

クルーガーランド金貨・表
クルーガーランド金貨の買取価格
発行年:1967年(昭和42年)
古銭の品位(内容):金/約91.67%、銅/約8.33%
古銭の直径・量目(重さ):1toz、1/2toz、1/4toz、1/10toz
買取の価値:高額

「クルーガーランド金貨」とは、南アフリカ共和国から発行されている金貨です。お金としての価値ではなく、”金の価値”で取引されるタイプの金貨なんですが、こうした金貨を「地金型金貨」というらしいですよ。 私が買取してもらったのは、古銭買取業者の査定員の方いわく「1トロイオンス」という重さの金貨で、1トロイオンス=31gに該当します。

「古銭買取業者でも金貨って売れるの?」という声が挙がりそうですが、答えは「きちんと買い取ってもらえます」♪ 古銭買取業者といえども、古いお金=古銭だけに特化しているわけではなく、昔の金貨や古い紙幣などもしっかり価値を査定し、買取金額を算出してくれます。 ですので、「よく分からない昔のお金や外国の金貨が沢山でてきたんだけど・・・」といった場合でも、古銭買取業者だとまとめて査定をお任せすることが出来たんです!(もちろん査定料金などはかからず、無料で利用できます)

さて、クルーガーランド金貨の買取価格ですが、今は金の相場もかなり高い時期らしく、1枚で13万円の買取価格(!)をつけてもらえました! クルーガーランド金貨の大きさは、だいたい3cmくらい?の小さな金貨だったんですが、こんなに高額な買取価格が付いたのには本当に驚きました。

クルーガーランド金貨の種類には、私が買取してもらった1トロイオンスの他にも沢山の重さ(種類)があるらしく、それぞれで買取価格がかなり違ってくるので、もし種類が分からなければ写真付き問い合わせなどで気軽に質問してみてほしい、とのことでした。 お手持ちの古銭の種類や価値を知りたい場合も、古銭買取業者の問い合わせフォームから写真を送って質問すれば、すぐに判定してくれるそうなので、クルーガーランド金貨の買取価値を知りたい場合、直接質問するのがスピーディかつ正確で、おすすめの方法です!

南アフリカ共和国の地金型金貨「クルーガーランド金貨」とは?

クルーガーランド金貨の古銭紹介

クルーガーランド金貨とは、南アフリカ共和国で発行されている金貨で、素材は22金で出来ています。 表にはトランスヴァール共和国(南アフリカ)の元大統領のポール・クリューガー氏の肖像画が採用され、裏面にはアンテロープの一種「スプリングボック」がデザインされています。 アンテロープとは、他にもインパラやオリックス、ウォーターバック、ヌーなどに該当する種類らしいですよ。

クルーガーランド金貨は、元々は1892年~1900年にかけて発行されていた、額面1ポンドの金貨のデザインを採用したものです。

クルーガーランド金貨は、前述したようにお金としての価値ではなく、”金の価値”で取引されるタイプの金貨=「地金型金貨」です。 今ではメイプルリーフ金貨やパンダ金貨など、数多くの地金型金貨が発行されていますが、このクルーガーランド金貨が先駆けとなる存在だったみたいです。 その人気に乗り、今ではたくさんの地金型金貨が発行されるようになりました。

トップページへ 買取福ちゃんの公式サイト
スクロールボタン