福ちゃんの古銭買取体験レポート

「改正不換紙幣っていくらくらいで売れる?」古銭買取価格をご紹介

福ちゃんの古銭買取体験レポート

改正不換紙幣は売れる?古銭買取業者で査定してもらいました

改正不換紙幣を売ったエピソード

私が古銭買取業者へ買取してもらった古銭のひとつ「改正不換紙幣」の買取価格を紹介します!改正不換紙幣は、種類は100円紙幣、10円紙幣、5円紙幣、1円紙幣の4種類があって、それぞれで買取価格も全く異なるそうです。このページでは、私が買取してもらった改正不換紙幣の買取査定結果を紹介していますが、私以上に高価買取が期待できる改正不換紙幣も沢山あります!他にも古銭には何万円もの高い買取価格が付くプレミア品も多いので、もし古銭の処分でお悩みの方は、一度古銭買取業者に相談してみることをおすすめします。対応も親切で、とっても良かったですよ。

聖徳太子のお札!改正不換紙幣の買取価格について

改正不換紙幣・表
改正不換紙幣の買取価格
発行年:1944年(昭和19年)、1945年(昭和20年)
古銭の種類(額面):100円紙幣、10円紙幣、5円紙幣、1円紙幣
買取の価値:普通~高額

私は「改正不換紙幣」という古い紙幣を、古銭買取業者で買取査定してもらいました。 改正不換紙幣とは、1944年(昭和19年)に発行された紙幣です。種類は100円紙幣、10円紙幣、5円紙幣、1円紙幣の4種類があるんですが、その中で100円紙幣のみ、1945年(昭和20年)の発行になっているそうですよ。

改正不換紙幣の100円札は、聖徳太子の図柄が描かれています。ですが、聖徳太子が印刷された古紙幣は他にも結構種類があるみたいなので、「聖徳太子が印刷された紙幣があるんだけど…」という方は、今回ご紹介の改正不換紙幣ではない可能性もあります! なので、聖徳太子が描かれた古紙幣の価値が知りたい場合は、紙幣の写真を撮って、古銭買取業者のフォームから質問するのが一番手っ取り早いですよ。

私が持っていた改正不換紙幣は、聖徳太子が描かれた100円紙幣、あとは武内宿禰が描かれた1円紙幣でした。 ちなみに、改正不換紙幣に描かれていた武内宿禰の肖像画も、他の1円札で複数使われているみたいです!

古銭買取での改正不換紙幣の買取価格は、武内宿禰の1円紙幣は100円の買取価格になったんですが、聖徳太子の100円紙幣は3000円の買取価格になりました! 綺麗な状態だともっと高い買取価格になるみたいなので、昔の紙幣を発見された場合は、折り曲げたりせずにそのまま綺麗に保存されておくことをおすすめします!

江戸時代の古銭「改正不換紙幣」とは?

改正不換紙幣の古銭紹介

改正不換紙幣は、1944年(昭和19年)、1945年(昭和20年)に日本で発行されていた古紙幣です。 改正不換紙幣には、聖徳太子が描かれた100円紙幣、和気清麻呂が描かれた10円紙幣、菅原道真の肖像画が描かれた5円紙幣、武内宿禰が描かれた1円紙幣の4種類があるそうです。

ちなみに、改正不換紙幣はそれぞれ3次100円・3次10円・中央武内1円などと呼ばれているそうです。同じ人物の肖像画が使われた紙幣が数種類あるため、こう呼ばれて区別されているみたいですね。

改正不換紙幣は昔に発行された紙幣のため、今では使うことができないんですが、この中でも「1円紙幣」だけは、今でもお金として使うことが出来る古紙幣だそうですよ! そのため、改正不換紙幣の1円札は、銀行へ持っていけば両替してもらうことも出来ると思いますが・・・古銭としての価値の方が高いので、他にも古い紙幣を持っているのであれば、一緒に査定に出してみることをおすすめします!

トップページへ 買取福ちゃんの公式サイト
スクロールボタン